カーテンの遮光性

遮光カーテンの種類とは?

「朝はゆっくり寝たい」「昼間にTVで映画鑑賞をしたい」といった人におすすめなのが遮光カーテンです。お店に行くとたくさんの遮光カーテンが並んでいますが、お気に入りの柄だけで選んでいませんか?実は遮光カーテンには目的に応じた種類があります。遮光カーテンには光を遮る効果だけでなく、夏場の室内温度上昇を防いだり、冬場の暖房効果を高めたりする役割があります。

一般的な遮光カーテンの区別は等級です。具体的には、3級だと遮光率99.79%~99.40%(人の表情がわかる程度)、2級だと遮光率99.98%~99.80%(人の顔はわかる)、1級だと遮光率100%~99.99%(人の顔はわからない)になります。柄や色のラインナップが豊富なのは3級ですが、裏側のコーティング仕様によっては1級でも柄や色を選ぶことが可能です。

自分にあう遮光カーテンは何級?

自分にあっている遮光カーテンの等級は気になるところですよね。夜勤などで昼間に太陽の光をしっかりと遮断してぐっすり眠りたいという人は、遮光1級がおすすめです。外の光を全く通さないので、ホームシアターで映画を楽しみたい人向けでもあります。外の光をある程度遮断して、また夜間における外からの視線が気になるということであれば、遮光2・3級を選ぶといいでしょう。1級よりも2・3級のほうがデザインが豊富なので、インテリアにあわせたカーテンを選ぶことができますよ。カーテンサイズを長めにしてレールの部分にカーテンボックスをつけると、カーテンの隙間からの光漏れを防ぐことができ、遮光カーテンの魅力を最大限生かすことが可能です。